Monthly Archives: 10月 2016

高校生は借りられる?

学生ローンは学生が利用できるローンです。しかし、基本的に利用できるのは二十歳以上です。とはいえ、高校生でも一定の収入があれば借り入れができるのでしょうか。

女の子と空結論から言うとできない場合が多いです。なぜでしょうか。それは学生ローンの多くは親権者の同意なしで利用できるからです。つまり、親にはばれないでローンを利用することができます。これは学生にとっては非常に好都合です。親にばれないで借金をすることができます。しかし、親権者には同意をなく利用することは法的にどういう意味なのでしょうか。二十歳未満は法的には未成年者です。法律では未成年者がローンなどを契約する場合には親権者の同意が必要となります。もし、親権者の同意なしに契約した場合には、親権者、もしくは本人が契約無効を申したてることができます。

これはローン業者にとってはどういう意味なのでしょうか。もし契約無効となった場合には本人が借り入れた分のお金を返済しなくて良くなってしまうのです。つまり、ローン会社からすると貸し倒しとなります。大きな損失を被ってしまうのです。そのため、一般的には未成年者がローンを利用することはできません。仮に収入があったとしてもそれは同じです。


必要な書類とは?

では、学生ローンの申込みをする際の必要書類とはどのようなものなのでしょうか。基本的に金融機関でローンを受ける場合には本人確認をする必要があります。そのため、一般的なローンでも免許証などの身分証明書を提出する必要があります。学生ローンの場合にはさらに学生であることが条件ですので、身分証明書にプラスして学生証も必要になってきます。

仮に学生証はあっても運転免許証がない場合はどうしたら良いのでしょうか。確かに学生の中には免許を取得していない人もいます。とはいえ、そうであっても健康保険証などは所持しているはずです。それで健康保険証でも利用することは可能です。とはいえ、最近の身分証には現住所が記載されていないものもあります。そうした場合には現住所が分かるような公共料金の領収書などを提出することもできます。

また身分証明書、学生証だけでなく銀行のキャッシュカードも必要です。銀行のキャッシュカードは学生ローンの振込先となるため銀行の口座番号がわかるようにしなければいけません。このように必要書類はそれほど多くはありません。しかし、一つでもかけてしまう学生ローンを断られてしまいます。それで、必要書類がかけることないようにしましょう。


学生ローンを利用するには

世の中には様々な形態のローンがあります。その中でも良く見かけるのが学生ローンです。学生ローンとは何でしょうか。それは文字通り学生が利用することのできるローンです。しかし、学生といっても基本的には二十歳以上の学生です。専門学校、短大、大学生が対象となります。では、学生ローンはどのように申し込むことができるのでしょうか。

パソコン多くの学生ローンの申し込み方法はネットによるものです。今ではネットで簡単に申し込むことができます。とはいえ、一般的な消費者金融のローンとは同じで申し込んだ後もきちんと審査を受ける必要があります。当たり前ですが、審査に通過した人がローンを利用することができます。とはいえ、一般的なローンと違い、学生ローンの場合には当人の返済能力だけを見るのではなく、お金を借りる目的なども色々と聞かれます。それで、借り入れたお金を自由に使うことができるキャッシングなどと違い、学生ローンはしっかりとした目的が必要です。

また、注意したいのは学生ローンは学生だからという理由で借り入れできるわけではないということです。学生プラス収入があるということが条件です。アルバイトやパートでも良いので安定した収入を得ている人でなければ審査を通ることはできません。

では、学生ローンを申し込む際に必要な書類は何なのでしょうか。そして、二十歳未満、つまり高校生でも一定の収入があれば学生ローンを利用することはできるのでしょうか。こうした疑問に対してこれから記したいと思います。